2
12
魔法の村

IMG_5691.jpg関西旅行の最終日は何故かユニバーサル・スタジオ・ジャパンを初体験。
クレジットカードの割引がある上にネット発券でダイレクトインできるというので、ノリで行ってしまいました。
こちらも下調べしていないので、ハリー・ポッターと進撃の巨人だけ見られれば良いかというアバウトな計画。

IMG_5810.jpgUSJのオープンは公称10時なのですが、30分ぐらい早く開くのが普通とのこと。朝8時過ぎに並び、9:30に入場。
早速「ウィザーディング・ワールド」を目指します。
長い林を抜けると・・・おお、夢にまで見たホグズミード村(小説に登場する魔法使いだけの村)。尖った三角屋根に、壊れているのかデザインなのかわからないウネウネした煙突。
まさしく映画で見たあの雰囲気がそのまま。というか、ここで映画撮れるんじゃね?

ホグスミードを尻目にホグワーツ城へ。ここのアトラクションの目玉「フォービドゥン・ジャーニー」です。
身も蓋もない言い方をすれば「屋内ライド」なのですが、短いコース中に模型とドーム型スクリーンがうまく組み合わされていて抜群の浮遊感。
クィディッチ競技場(魔法使いのスポーツ)を箒で飛び回るところのバーチャル体験ができて大満足でした。ふぅ。

IMG_5751.jpgIMG_5790.jpgIMG_5798.jpg


屋外ショーやホグズミードを見物していると、あっという間に2時間半が経過。
今日は時間が押しているので、名残惜しいけど移動です。

IMG_5847.jpg「ターミネーター2 3D」と「進撃の巨人」の展示を見て13:30にパーク離脱。7000円近くする入場料を払ったのに滞在4時間とは勿体ないですが、当初目的はクリアしたので大満足。
ぜひまた来たいものです。

2
11
新参者

Route.jpg旅行中にぽっかり1日空いたので久々の京都観光。
バス一日券500円と一緒にもらったバス路線図を見ながら、スタバでコースを決めるというアバウトな旅です。

IMG_5629.jpg先ずは新撰組の壬生寺を見学。
言わずと知れた幕末のビッグネームですが、学生時代は四条大宮の辺りに土地鑑がなかったため、一度も行ったことがなかったのでした。

壬生寺は幹線道路から外れた住宅街の中にありました。
周囲には維新志士の屯所が点在していて、それぞれに観光名所になっているようです。
京都の長い歴史から見ると、150年前の幕末はつい昨日の出来事という感じてした。

IMG_5665.jpg続けて「鈴虫寺」を見学。建立から三百年という、京都の中では新しいお寺です。
四条から「鈴虫寺・苔寺行き」の路線バスが出ており、学生時代はよく目にしていました。
いつか行こうと思いながら機会に恵まれず京都を離れてしまったのでした。

この寺は一年中スズムシを飼育していることで有名です。
しかしスズムシを見るためには「鈴虫説法」といわれる住職のお話を聞く必要があるとのことでした。
「説法」というと堅苦しいもののように感じましたが、笑いあり含蓄ありの楽しい話で30分があっという間でした。
休日には2時間待ちになる事もあるそうで、人気の秘密がわかった気がしました。

この後はバスで龍安寺に行く予定だったのですが、鈴虫説法で思いのほか時間がかかってしまい、目的地を北野天満宮に変更。
バスでは間に合わないので京福電鉄で北野白梅町を目指します。

IMG_5678.jpg北野白梅町で「たわらや」の一本ウドンを食べようと思っていたのですが、店に入ると売り切れとの案内でした。残念。
天満宮の梅も時期が少し早かったようで、1分咲きと言ったところ。こちらも残念。

全く準備せずに回ってしまいましたが、グーグルマップとネットの時刻表のおかげで実にスムーズ。
僕が学生の頃は紙の地図しかなく、土地鑑は「点と点」でしか把握していなかったような気がします。
GPSでと地図で現在位置を確認しながら移動すると、自分が「行ってないところ」がよくわかるし、「この裏はどうなってるんだっけ?」という好奇心にもつながります。
ハイテクを片手に改めて京都を回ってみたいなと、決意を新たにした1日でした。

11
1
冬の花火

土日は小樽に一泊旅行。
今回は特に目的地もなく小樽をブラブラ。
宿泊はキロロリゾートにしました。
スキーシーズンにはよく行くのですが、シーズンオフには初めて。

スキー場特有のゴチャゴチャしたイメージがあったのですが、ホテル側はだいぶ雰囲気が違います。
部屋も広いし設備も豪華。窓からはゲレンデが一望できます。
道外の観光客に人気な訳が分かった気がします。

宿泊は11月1日なのに、なぜかハロウィンムード一色。
週末に合わせてコスプレイベントを開催するためとのこと。
ホテル内はドラキュラやハリー・ポッター、果てはガチャピンまで様々なキャラが闊歩しています。
ここまで真剣にやってるとは思わなかった。

夕食を終えて部屋に戻ると、20時から花火大会。
予約時には知らなかったので嬉しい驚き。

翌日はメルヘン交差点から小樽文学館を回るゆるい観光。
最近はどこへ行っても外国人の団体さんばかりですね…

4
21
ヤリキレナイ

IMG_0805自転車で夕張へ。
3年前に見たシューパロ湖の三弦橋がついに水没するというので見納めに行ってきました。

シューパロ湖自体がダムによる人造湖なのですが、そのダムの下流に更に大きなダムを作るため湖面の水位が上昇し、橋が沈んでしまうというもの。

3月から水のせき止めが開始され、新聞にも取り上げられたようです。
まあ、アクセスが大変なので見に来る人も少ないですが。

そろそろ沈んでしまったかな?と思いつつダムのページを見ると、湖面の写真がアップされていました。
三弦橋はトラスの下端が水に浸かり、上部はまだ出ている状態。
これはこれで面白いかも。

余った有休を消化するため月曜に決行。
春の風が強くて挫けそうになりながら、午後1時にシューパロ湖着です。
IMG_0834IMG_0824IMG_0413

湖面は氷に覆われているものの、橋の付近だけ溶けています。
橋が日光を吸収したのかな? モーゼが紅海を割ったような景色が面白い。
青空に雪山、ダムに三弦橋と、なかなか楽しめました。

IMG_0848帰りは横着して輪行。
今日は歯医者の予約があるので、4時には札幌に戻る必要があったのです。
とはいえ、往路の100kmだけで足はバテバテ。
歯医者の件がなかったとしても、自走は厳しかったでしょうね。
半年のブランクを感じてしまったシーズン初ロングライドでした。

Map走行100Km、6時間(9:00-15:00)

3
22
豚丼の聖地

日帰りで帯広旅行。

美術部の先輩が個展を開くので帯広まで見に行きました。
「帯広」と言っても道外の人にはイメージしにくいかもしれませんが、札幌から東に約200Km、特急で2時間半と結構離れています。東京ー名古屋間ぐらいの感じでしょうか。
道内的にはまあ近い方ですが、これまで通過するばかりで一度も観光したことがなかったのです。

せっかくの三連休なので宿泊でも、と心が動きましたが、初日は道内に寒波が来るらしいとのこと。
ニュースを見ていると、道東では観測史上最大の豪雪になったとか。道路が雪に埋没して、なかなか大変なことになっていたようです。
連休2日目の土曜日、快晴の空の下を帯広に向けてGo。

予定通り10:40に到着して先ずは個展を観覧します。
小さな画廊で10品ぐらいかな、と勝手に思っていたら、2室を借りて90点近い油彩が展示されていました。
先輩の作画エピソードを聞きながら回っているとあっという間に一時間半が経過。
もうちょっと時間をとっておくんだった。

今日のお昼は帯広名物の豚丼。
駅前の老舗「ぱんちょう」に並びます。
噂通り行列ができていましたが、流れがスムーズで15分ほどで着席。
お味の方は…みなさん現地で確かめてください。

帯広の農業高校を舞台にした漫画「銀の匙」が映画化されたことで、帯広市内はずいぶんと盛り上がっているようです。
このポスターに写っている子豚の名前は「豚丼」。駅構内で「豚どん」を売っていたので記念撮影。

続けてバスで十勝川温泉へ。
第一ホテルの浴室は二階建ての珍しい構造。川側と山側に二つの露天風呂がある贅沢な造りです。
次は泊りに来たいなあ。

帯広に戻って六花亭の本店喫茶店へ。
オーダーストップ直前に入店したので割と空いてる。
お茶が安いしお菓子も美味しい。30分しか滞在できなかったのが悔やまれるほどのクオリティでした。

あとは札幌に帰るだけ…と思っていたら、特急券のトラブル。
帯広までの割引往復券は、往復10500円の得割(スーパーとかち使用可)と、往復12800のR切符(スーパーおおぞら、とかち使用可)の二種類があります。
安い得割はスーパーおおぞらには乗車できないとのこと。そして、帰りのスーパーとかちは午後4時の便が最終でした。
駅員さんに聞くと、手持ちの券をキャンセルして、新たに正規料金で札幌行きチケットを買うしかないとのこと。
仕方ないので払い戻して買い直し。最後の最後で大ポカでした。
帯広17:50発、札幌20:19着で全行程を無事に終了したのでした。ふぅ。

Event 時間 備考 料金
札幌駅→帯広駅 0802-1036 スーパーとかち1号 7020円
 画廊 10:40-12:00 帯広市民ギャラリー
 昼食 12:00-12:30 ぱんちょう 950円
 柳月 12:30-13:00 1Fイートイン利用
帯広駅→十勝川温泉 13:26-13:51 十勝バス(45番) 500円
 温泉 14:00-16:10 第一ホテル豆陽亭 1000円
十勝川温泉→帯広駅 16:19-16:45 十勝バス(45番) 500円
 六花亭 17:00-17:30 2Fカフェ利用
帯広駅→札幌駅 17:50-20:29 スーパーおおぞら10号 7020円